千思万考ー創価学会ゆる活のブログ

創価学会のゆる活会員が、学会や公明党はちろんのこと、哲学や宗教、政治経済、そして時事問題など、縦横無尽に語っていきます。

ブッダ

「犀の角のようにただ独り歩め」:組織は悟りに必要なのか

ご無沙汰してます_φ( ̄ー ̄ ) 中々毎日更新できていなくて申し訳ありません。 ツイッターは短いので気軽につぶやいてますが笑 ツイッターでは他の方々の投稿も見ていますが、最近気になっているのが、「師匠を求めぬく中に仏法がある」という見解を多くの創…

釈迦の過去世をめぐる思索:成仏、誓願、そして授記

ブログを開設して早1ヶ月が経ち、ブログアクセスも4000を超えました。 創価学会・公明党に関する、しかもあまりセンセーショナルでない笑、思想的な問題点の指摘を中心に書き連ねているマイナー中のマイナー笑な内容にも関わらず、恐縮です。 いつもご愛読…

求道心とは何か:硬直化を打ち破るダイナミズム

皆さんこんにちは(*・ω・)ノ さて、アショーカ王の時代に成立したとされる部派仏教。一般的な学説では、その内部から、後に「大乗仏教」と呼ばれる仏教が発生したとされています。 釈迦の仏法に対する「解釈の多様性」を認めたのですから、更に独特の教えが成立…

「大衆の反逆」: 閉鎖性、支配欲、そして憎悪。

ごぶさたしてます_φ( ̄ー ̄ ) プライベートで忙しくしておりました。 それにしても春らしくなったと思った途端、暖かいどころか暑くなってきましたね。 昨日はツイッターで功徳罰論のおかしさについて述べたところ、ある創価学会員の方から論争をふっかけら…

「ゴータマさん」でいいじゃない。

先日は、創価学会の指導者の神格化について触れましたが、神格化というのは古今東西の宗教には必ずと言っていいほど見受けられますね。 仏教に限って言及しても、ゴータマ・ブッダや日蓮など、神格化されすぎて実像が見えなくなってしまっています。 法華経…