千思万考ー創価学会ゆる活のブログ

創価学会のゆる活会員が、学会や公明党はちろんのこと、哲学や宗教、政治経済、そして時事問題など、縦横無尽に語っていきます。

公明党

選挙活動は「組織の引き締め」?

皆様ご機嫌よう(´・∀・`) いつもありがとうございます。 ツイッターなどでも当ブログをご紹介いただき、重ねて御礼申し上げます。 悪天候で寒い日が続きますね。 寒がりの私は外ではコート・マフラーが手放せませんし、室内では未だにコタツを使い続けてま…

法華経の「現世利益」について

どーもーゆる活でございまーす*(^o^)/* 忙しさ&お腹下し気味で更新ペース落ちてます_(:3」z)_ 申し訳ございませんm(_ _)m さて、皆さんもご存知かと思いますが、ついにあのトランプ政権がシリアへのミサイル攻撃を断行しましたね。 https://headlines.yahoo.…

「自他ともの不幸」: 選挙活動家の深層心理

こんにちは*(^o^)/* 昨日はブログをお休みさせていただきましたm(._.)m ようやくお天気で暖かくなってまいりましたが、夜は強風で寒いこと寒いこと! そんな中創価学会の会員さんは今回の都議選に向けて健気に動いておられます。 「ゆる活」の私は、忙しさを…

「オーウェリアン」化する創価学会

いつもご愛読いただきありがとうございます。 日本の政治の混迷っぷりは酷いもんですが、創価公明のご乱心ぶりはスケールが違いますね。流石は世界一!を豪語するだけはある。(豪語してるのは学会だけですが) 先日、日本会議主催の憲法改正派集会に公明が…

一神教的なるもの(2): 闘争心と団結心

前回は「正義」にも「魔性」があり、善悪二元論に陥りやすい、というお話をしました。 この善悪二元論というのも、やはり岸田秀氏が指摘した「防衛本能」が関わっています。 ドイツの哲学者ニーチェも同じようなことをいっています。 ユダヤ民族が外敵から責…

政治団体と化した創価学会

昨日に引き続き、創価学会員の「思考停止」という問題についてです。一つには師弟不ニという思想的問題があることをお伝えしましたが、今日はもう一つの運動論的側面についてお話しします。 運動論的側面というと、折伏(布教)、新聞購読推進、財務(教団へ…