千思万考ー創価学会ゆる活のブログ

創価学会のゆる活会員が、学会や公明党はちろんのこと、哲学や宗教、政治経済、そして時事問題など、縦横無尽に語っていきます。

日蓮

御書にない用語

こんにちは(*'ω'*) ブログアクセス数5000まで来ました。 ありがとうございます。 もう5月ですね。 世間はゴールデンウィーク。 創価学会は友好期間という名の選挙活動期間。 本当にご苦労様でございます(´-ω-`) 有意義な一週間を過ごし、福運を積んで境涯革…

求道心とは何か:硬直化を打ち破るダイナミズム

皆さんこんにちは(*・ω・)ノ さて、アショーカ王の時代に成立したとされる部派仏教。一般的な学説では、その内部から、後に「大乗仏教」と呼ばれる仏教が発生したとされています。 釈迦の仏法に対する「解釈の多様性」を認めたのですから、更に独特の教えが成立…

「世界と一体化する」という発想:全体主義と世界大戦

こんにちは(´・ω・) あっという間に週末ですね(汗) さて、昨日お話しした日蓮主義には、日蓮の国家救済のヴィジョンに加え、「自己と世界が一体化する」という発想があります。 この考え方を強く持っていた代表的な日蓮主義者が高山樗牛と石原莞爾です。 ま…

日本型グローバリズム:日蓮主義と八紘一宇

いつもご愛読いただきありがとうございます ヾ(๑╹◡╹)ノ" さて、創価学会の思想的問題点の多くは、日蓮系宗派全体に関わる課題でもあります。 私がいつも参考にさせていただいている『気楽に語ろう☆創価学会非活のブログ☆』様も、日蓮思想の危険性を指摘されて…

「幾通りもの法華経」が可能である。

ブログアクセス2000件超えました。 いつもご愛読いただきありがとうございます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 昨日も引き続き法華経についてお話ししましたが、やはり創価学会のテキストだけでは知り得ないことが多すぎると痛感しています。 釈迦の時代や、法華経に関することも…

「主体的に読む」ということー解釈する勇気

こんにちは(´・Д・)」 どうも天気が不安定ですねー。 夜はまだ寒いのでコタツ使い続けてます。_(:3」z)_ 昨日も触れたことですが、法華経といえど、人間が書いたものであって、完全無欠というわけにはいきません。 当たり前のことなんですが、信仰する立場にな…

一神教の起源(1):迫害と宗教

日蓮や日蓮正宗、創価学会の教義には、仏法を奉じていると言いながら、どうも一神教的だな〜と感じることが多いんですよね。 もちろん「唯一神」なるものとは次元が違いますが、日蓮の「四箇の格言」や日蓮正宗の「日蓮本仏論」など、一神教的な独善性や排他…